2015年07月09日

ほくと亭

新大阪駅の中に駅麺通りという、何件かのラーメン店が集まった
一角があります。出張などでお昼に新大阪駅に着いた時には
必ず行く店があります。札幌ラーメンの「ほくと亭」です。

今日行くのも何回目かですが、最初にここで食べたのは、醤油
ラーメンのランチセットでチャーハンがセットになっていました。
ラーメンは醤油を焦がして浮かべてあり、やけどをしそうなほど
熱いのですが、香ばしくて食欲をそそります。

私は、そこの店で最初に食べたものが気に入ると、そればかり
注文する方ですが、たまに他のものを試してみてもやっぱり
そこに戻ってしまいます。

「ほくと亭」のラーメンは(チャーハンもそうですが)、例えば他の
店だったら醤油ラーメンは麺もスープも具もひっくるめてひとつの
「醤油ラーメン」という味、チャーハンであればお米と具が一つの
味になって「チャーハン」という感じなのですが、ここでは麺も
スープもお米も具も溶け合うことなく、それぞれの味がくっきりと
しているにも拘らず、全体としては調和しているという感じなの
です。いわば味の「分解能」が高い、と言えるかも知れません。
ですから、たかがラーメンと言えない程の膨らみがあって感動
物です。

ほくと亭.jpg
ラベル:ほくと亭
posted by ジャパニスト at 21:57| B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。