2015年06月24日

田母神さんは腸?

太平洋戦争の中国進出を「侵略といわれる筋合いはない」と
政府見解と真っ向から異なる論文を公表して、更迭、さらに
辞職に追い込まれた田母神さん。

辞職勧告理由は、「村山談話を踏襲する政府見解に反する」、
「文民統制の原則に反する」ということですが、今の日本の
政府、自民党でも民主、あるいは公明党でもいいですが、
文民による統制が本当にできるのでしょうか。

国防というのは、国を「軍事的に」守る、ということでしょうが、
軍隊いという暴力装置を、利害を異にする諸外国の間で
運用するような覚悟や力量、識見を文民と称される皆さん
(これがまた誰のことかよく判りません)が持っているのか、
という不安を、臭い物が出てくると慌ててすぐに蓋をするだけ
のどたばたを見せられると、ものすごく感じてしまいます。

「言っていることは共感できる部分もあるが、航空幕僚長と
いう立場の者が述べるのは賛成できない」というのが、
まだしも理性的な人の反応なのでしょうが、私には胃がんで
胃を全摘出した人の腸が、胃の代わりを始めたようにも
見えます。「あんたらがやることをやってくれれば、こちとら
ガーガー言うことはねえんだよ」、というところでしょうか。
ラベル:田母神
posted by ジャパニスト at 05:09| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。