2015年05月03日

TIME 記事 ネパールの悲しみ May,11,2015

ヒマラヤの国は地震の後、ニキル・クマールによって掘り返される。

「これは、私たちがずっと待っていた地震だ」
ネパールの致命的な余波。

ネパール - 
ハーフィズ・ムハンマド・シャムシュル・ハク、中央カトマンズのマダニの
モスクの導師は、いつも土曜日にやっている事をして、4月25日の朝を
過ごしました:子どもたちにいくつかのプライベートコーランのレッスンを
与えた後、彼は昼寝のためにモスクに戻りました。

ハクがモスクの礼拝室の床に寝床を敷いた頃、彼の20代の時の理科教師
ラジェンドラ・バッタは、街の郊外にシタパイラ周辺のレストランで友人と
食事を終えました。

次の部屋では、牧師ビール・バハドゥールが、彼の教会で彼の会衆の
30、40のメンバーと祈祷会を導いていた。

これらの人達や他の大勢の人達が、ネパールの地面の上に広がって
生活している時、強力な力が地下で動いていました。


レビュー:未婚女性は自己満足感を説く
ケイト・ボリックの新刊書の中心にあるメッセージ

未婚女性

自分自身の人生を作る

ケイト・ボリック

1892年、エリザベス・キャディ・スタントンは、「自己の孤独」と
呼ばれた有名な演説を配りました。77歳の時スタントンは、全国
アメリカ女性参政権協会の会長を引退しました。彼女は宣言しました。
「たとえ女性が学びたいと思い、保護され、支持されたいと思い、
またどんなにたくさんの男性が、彼女らにそうしてほしいと望んだ
としても、彼女らは一人で人生の航海を行かねばならない。」と。

女性のための平等な権利は重要だと、彼女は主張しました。何故なら、
本質的な孤独が人間の常態だからです:「真夜中の海よりも深淵で、
凍てつくほど寒い山よりも隔絶した、私たちの一人一人が常に行動を
共にする孤独があります。自己の孤独です。」

自分自身に依存しなければならない、個人としての女性に関する主張は、
その当時革命的なものでした。

レビュー:アベンジャーズ:「ウルトロンの時代」は、クラウドベースの
悪役を見せる
ジョス・ウェドンの超シャープな脚本は、類似作品を超えて最新の
マーベルフィルムを進化させます。

ほとんどの、なければ沢山の人々のように、私はお気に入りの
アベンジャーを持っています。私は、ビジョンです。彼はトール
またはキャプテン・アメリカのような重要人物のアベンジャーでは
ないけれども、彼はとんでもない数の超パワーを持っています:
彼は超絶的に強く、飛ぶことができ、額の宝石からビーム撃つ
ことができます。また、彼はシャーレット・ウイッチと結婚します。

ラベル:ネパール地震
posted by ジャパニスト at 14:09| TIME Asia Edition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。