2015年07月19日

メイド イン チャイナ:なぜアップルの将来は世界最大の市場に左右されるのか?

【中国におけるアップルの流行】

『中国はアップルのサインのある製品のほとんどが製造されるところです。
ある日、それはさらにそれらのほとんどが売られる場所になるかも知れません。
何故アップルは、中国で急激にブームになっているのでしょうか。』

夜明けの直前に、卵がアップルストアの窓に投げつけられ始めました。

燃えるような色のガラスでできた立方体の出口に隣接した、これ見よがしの
広場に押し寄せる何百という人々のほとんどは、一晩中北京の厳しい1月の
温度の中に群がっていました。

しかし、これは新しくリリースされたiPhone 4S を得ようと必死の新し物好き達
ではありません。また、アップルのしゃれた小物を大量に作り出す中国の工場
内部の労働条件に憤慨した市民でもありません。

そうではなく、大部分は iPhone を購入し、次に暴騰した値段でそれらを転売する
ダフ屋に15ドルで雇われた、田舎からの移住者達でした。

各々の買い手は...
posted by ジャパニスト at 07:53| TIME Asia Edition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。