2015年03月09日

HandBrakeでの字幕設定方法

HandBrakeの設定方法.jpg

映画のDVDをiPhoneにMPEG4データとして取り込むために、私は一旦
『DCD Shrink』ソフトでISOデータに落とし、さらに『HandBrake』で
MPEG4形式に変換し、iTuneで読み込んでいます。私は試してませんが、
『HandBrake』はDVDから直接MPEG4データを作成することもできる
ようです。

しかし、そのままでは字幕がつきません。日本語吹き替え版があるから
いいじゃないか、という考えもありますが、よりオリジナルに近い
臨場感を体感したければネイティブ言語で聴きたいもんですよね。
そしてそのためには、字幕が必要になります。それに最近のアメリカの
TVドラマは吹き替えが間に合わずに、英語版しかない場合もあります。
私の最近はまっている『Beauty & Beast』もそうです。そんな場合には、
もう字幕が必須ですね。

まず『Handbrake』で返還元にISOファイルを指定し、保存先をM4V
ファイルとして名前を付けます。日本語でOKですが、iPhoneで表示す
るには長い名前は切れてしまうので、カタカナ、英数字などは半角に
した方がいいです。

次に、音声トラック1を『Automatic』ではなくオリジナル(ネイティブ)
に、トラック2を日本語に指定します。

最後に、字幕欄に『Japanese』を指定し、【強制的に字幕のみにする】の
チェックボックスを、忘れずに外しておきます。

以上で、iOS5か6以上では、ネイティブ言語と日本語の切替表示がついて、
なおかつ、どちらにも日本語字幕が表示されます。
posted by ジャパニスト at 22:06| ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。