2015年03月19日

リトアニア 聖ヨハネ教会と鐘楼

DSC01309.JPG  DSC01315.JPG  DSC01316.JPG  DSC01323.JPG  DSC01331.JPG


聖ヨハネ教会は、リトアニア大学の構内にあります。
鐘楼が殊に有名です。高さは63m。14世紀の建物としては、
かなり高い建物です。

現在の高層建築を見慣れた者から見ると、ああ塔か、としか
思いませんが、内部に入ると、この建物がすべてレンガででき
ていることが判ります。鉄筋も鉄骨も、どこにもありません。
当たり前ですが。その代わり、地表部分の壁の厚みは2mを
超えてます。4辺の壁でできてるというより、4つの四角錐で
できている、と言った方が正確です。

そこでふと気がついたのですが、ビリニュスにある歴史的建物は
すべて、この鐘楼と同じようなレンガ作りなんじゃないか、と。
地震の殆どない(多分)リトアニアだから、何百年も残って
いますが、これが日本だと、震度5強で一瞬でバラバラになる
んじゃないでしょうか。幸いかな。リトアニアの大聖堂。


posted by ジャパニスト at 00:04| リトアニア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。