2015年08月18日

『トランスフォーマー2』を観ました

妻と「夫婦割引」で、『トランスフォーマー2』を観ました。期待して待った
だけのことはありました。

何が凄いって、トランスフォーマーのCGを違和感なく周りのショットに
溶け込ませてしまうのが凄いと思いましたね。それも逆光や砂塵といった
合成がとっても難しい中でも全然違和感がない。

まして、マイケル・ベイ監督はカメラを固定して撮るよりも、被写体を
追いかけるようにして撮る手法を多用する人。その中でもCGと実写の
合成に破綻がない。どころか、抜群の躍動感がある。

前作に比べると『変身』することへの驚きは減りましたが、その分全体が
スケールアップしています。久しぶりに食いつくようにして観ました。






posted by ジャパニスト at 06:34| 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。