2015年08月17日

「アバター」の見どころ

出張先の多摩センターで、宿泊してたホテルのすぐ前にワーナーマイカル
があったので、レイトショーでジェームズ・キャメロン監督の「アバター」
3D版を連日観ました。これで4回観たことになります。好きですね〜

何回も観てると前には気がつかなかった事が判りました。ナヴィ族の
ネイティリの手の指は4本なのに、「アバター」となったジェイク・サリーの
それは5本ありました。最初おかしいな、と思ったのですが、考えてみれば
、ナヴィと人間のDNAを組み合わせて作ったハイブリッド人間である
「アバター」は両方の特徴が具備されてる訳ですから、これは当然ですね。
顔が「ドライバー」である人間に似ているくらいですから。う〜ん、芸が
細かいなー。

それと、実写部分を3D化した場面と、「アバター」として行動する
巨大な樹木やハレルヤ・マウンテン、バンシーに乗って飛翔する空中と
いったCGで丸ごと作った場面を比べると、明らかに後者のほうが自然な
立体感が感じられます。このことは、主人公が3ヶ月間ナヴィ族と行動を
共にした後に「どっちが現実か判らなくなってきた..」と呟く場面に、
観ている方にも激しい共感を感じさせる根拠にもなっています。

これこそが、ジェームズ・キャメロン監督がこの映画で描きたかった
ことではないかと思えます。片や車椅子の生活で、半ば敗残者としての
人生を余儀なくされている自分。もう片方は、リモートで動くアバター
とは言え、自分の足でジャングルを走り狩猟する自分。バンシーを駆り
空を自由自在に飛び回る自分。ディズニーランドのエレクトリカル・
パレードのように息を呑む程に美しい、色とりどりに植物が発光する
ジャングル。(動物達さえ少し発光するんですね)立体感そのものの
樹上での生活。そして、ナヴィ・オマティカヤ族族長の娘ネイティリと
恋におちる自分。どちらが真に生きていると言えるのか。主人公で
なくとも考えてしまいます。

冒険と恋。まるでB級映画のテーマです。が、夢のような虚構を、現実を
凌駕するような現実感で作り上げてしまった、ジェームズ・キャメロンの
「アバター」はまさに特A級であると思いました。





ラベル:アバター
posted by ジャパニスト at 05:54| 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。