2015年08月10日

Fedora Core4のVirtual PC へのインストール

Virtual PC 2007 SP1にRedHat Linux9の後継OSであるFedora Core 
(Ver.4)をインストールしてみました。サーバーマシンとしてインストール
しましたが、なかなか充実した内容を持っています。EclipseやPHPなどの
開発ツールも。

でも、RedHat9でもそうでしたが、インストール時の選択では、解像度は
800×600しか選べません。しかもGUIのログイン画面からログインすると、
X Windowの画面が茶色のような感じで横に大きく広がって乱れてしまいます。

インターネットのサイトでいろいろ調べた結果、以下の手順で解像度を
上げられることが判りました。

FedraCore4.jpg

�[Ctrl]+[Alt]+[F1]でコンソール・ウインドウに移る。

�コマンドラインから

  #system-config-display --reconfig

  を実行すると、『ディスプレイ設定』という設定画面が開く。

�『ハードウエア』タブの『モニタータイプ』で

  [Generic LCD Display]−[LCD Panel 1024x768]

 を選択する。

 ちなみに、『ビデオカードタイプ』はデフォルトの[S3 Trio64 (generic)]
  でよい。

 1024x768以上も選べますが、実際にウインドウが開くと、解像度が高くなるに
 つれて、画面が緻密になるのではなくて単にウインドウが大きくなるだけです。
 縦横にスクロールバーが付くだけですから、実用的ではありません。だから、
 1024x768が限界です。

�『モニター設定』タブの『解像度』で、[1024x768]を選択する。
  同様に、『色の深さ』タブで、[数千色]つまり16bitを選択する。

  [Generic LCD Display]−[LCD Panel 1024x768]

 ちなみに、『色の深さは』はデフォルトで24bitですが、Fedora Coreは
 8,16,32bitしか扱ってないそうです。

�[Ctrl]+[Alt]+[F7]でウインドウ・モードに戻る。

 これで、一応解像度が高くなったのですが、何故かデフォルトのGNOMEでは、
 ウインドウ上部のメニューバーの位置に800x600モードの残骸のように
 白い帯が重なって、メニューが選べません。きっとFedora Core 4のバグなん
 でしょうね。

�仕方がないので、ログイン時の「セッション」でKDEを選ぶ。

 これはメニューがウインドウ下部に表示されるので、問題なくメニューが
 選べます。

以上で、Virtual PC 2007 SP1上でもFedora Core 4(多分それ以上のVer.
でも)そこそこ広い画面を楽しめるようになりました。

参考にしてください。

欲を言えば、アイコン類はもう少し小さくていいですね。どこかに設定画面が
あるのでしょうか。


posted by ジャパニスト at 06:28| コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。