2015年08月10日

RDE( Ruby Development Environment )使用時の注意点

RubyをGUI環境で開発できるフリーソフト、「RDE」を使用する上で
気が付いた点を2点記します。

�RDEの日本語入出力
 インストール直後のデフォルトの状態では、ソース中の日本語は
 文字化けします。 また、日本語入力したものも文字化けします。

 これを避けるには、メニューから[Tool]-[Editor Property]-
 [Font]- [文字セット]を【日本語】に変更します。逆に、ここが
 【欧文】の ままだと、フォントが 日本語フォントに設定されて
 いても無効のままです。

�RDEのソース上で、「print XXXXX」又は「puts XXXXX」の
 後で「gets」を記述すると、コンソール・エリアにXXXXXが表示
 されず、何か 入力した時点で表示されます。つまり解答をした
 後で質問がなされるのと同じことが起こります。

 これを防ぐには、「print XXXXX」又は「puts XXXXX」を記述
 した直後にコンソールにフラッシュする「STDOUT.flush」を
 記述します。そうすると、質問 ⇒ 解答の順番に表示されます。



posted by ジャパニスト at 06:14| コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。