2015年08月10日

MacOSXエミュレータPearPC

本屋で「Windowsで楽しむMacOS大図鑑」という本を見つけた
ので、さっそく買って家のWindowsXPで試してみました
本屋で「Windowsで楽しむMacOS大図鑑」という本を見つけた
ので、さっそく買って家のWindowsXPで試してみました。
以前、BasiliskIIという漢字Talk7.5をエミュレートするソフトを
試したことがあるのですが、こんなに多くのエミュレータがあるの
には驚きました。

特に、PearPCというエミュレータソフトは唯一MacOSXの最新
バージョン10.4までをインストールすることができるということで
興奮しました。ただ惜しむらくは、開発者の一人が開発途上で
交通事故で亡くなったために、ここ2年ほどは開発がストップして
いるということで、バージョンは0.4という低い段階で止まっています。
それでも写真のように、純正のMacOSX10.3Pantherが十分に
動きます。

欠点は、製品版のVirtualPCのように一旦エミュレータソフトを
インストールしたら、後はOSのインストールCDでMacintosh機で
インストールするのと同じ感覚でインストールするのとは違い、

�CDドライブをサポートしていないので、一旦インストールCDを
 ISOイメージにコンバートしてハード ディスク内に保存しないと
 いけない。

�起動は、Macアイコンをダブルクリックするのではなく、PearPC
 Control Panelというソフトを立ち上げて、そこからCDROMか
 DISKを指定しないとならず、スマートではない。

�フロッピーディスクやCD/DVDドライブを認識しないので、何か
 新しいアプリケーションをインストールしようとしても簡単には
 いかない。

�USBを認識しない。

�サウンドデバイスを認識しないので、iTuneのようなMacらしい
 ソフトが使えない。

�ネットワーク機能は使えるが、直接ネットワークボードには
 つながらないので、OpenVPNなどのソフトでVPN機能を付加
 して、それを経由しなければならない。当然スピードは減殺される。
 OpenVPNは、試してみたがうまくっていない。

などなど、制約だらけですがともかくもOSXの画面が出たのは
感動ものです。OSXの開発環境であるXcodeやIntefaceBuilder
もちゃんと使えます。ただ、こちらのインストールの仕方が間違って
いるのか、Javaの環境は使えませんでした。
もうひとつ気がついたのは、何度も起動終了を繰り返していると、
メモリーリークが激しいのか途中でマウスポインタが動かなくなり
ました。余りたくさんのWindowsソフトを起動した場合も同様です。

PearPCの開発は当面凍結されたままのようなので、これ以上の
進化は望めそうにないのが残念ですが、どこまで実用に耐えるのか
もう少し探ってみたいと思います。

そのほかにSheepShaverというMacOS8.5から9.0までを
エミュレートするソフトもあり、これはデバイスが殆ど使えるそうな
ので、試してみてまた報告できればと思っています。


以前、BasiliskIIという漢字Talk7.5をエミュレートするソフトを
試したことがあるのですが、こんなに多くのエミュレータがあるの
には驚きました。

特に、PearPCというエミュレータソフトは唯一MacOSXの最新
バージョン10.4までをインストールすることができるということで
興奮しました。ただ惜しむらくは、開発者の一人が開発途上で
交通事故で亡くなったために、ここ2年ほどは開発がストップして
いるということで、バージョンは0.4という低い段階で止まっています。
それでも写真のように、純正のMacOSX10.3Pantherが十分に
動きます。

欠点は、製品版のVirtualPCのように一旦エミュレータソフトを
インストールしたら、後はOSのインストールCDでMacintosh機で
インストールするのと同じ感覚でインストールするのとは違い、

�CDドライブをサポートしていないので、一旦インストールCDを
 ISOイメージにコンバートしてハード ディスク内に保存しないと
 いけない。

�起動は、Macアイコンをダブルクリックするのではなく、PearPC
 Control Panelというソフトを立ち上げて、そこからCDROMか
 DISKを指定しないとならず、スマートではない。

�フロッピーディスクやCD/DVDドライブを認識しないので、何か
 新しいアプリケーションをインストールしようとしても簡単には
 いかない。

�USBを認識しない。

�サウンドデバイスを認識しないので、iTuneのようなMacらしい
 ソフトが使えない。

�ネットワーク機能は使えるが、直接ネットワークボードには
 つながらないので、OpenVPNなどのソフトでVPN機能を付加
 して、それを経由しなければならない。当然スピードは減殺される。
 OpenVPNは、試してみたがうまくっていない。

などなど、制約だらけですがともかくもOSXの画面が出たのは
感動ものです。OSXの開発環境であるXcodeやIntefaceBuilder
もちゃんと使えます。ただ、こちらのインストールの仕方が間違って
いるのか、Javaの環境は使えませんでした。
もうひとつ気がついたのは、何度も起動終了を繰り返していると、
メモリーリークが激しいのか途中でマウスポインタが動かなくなり
ました。余りたくさんのWindowsソフトを起動した場合も同様です。

PearPCの開発は当面凍結されたままのようなので、これ以上の
進化は望めそうにないのが残念ですが、どこまで実用に耐えるのか
もう少し探ってみたいと思います。

そのほかにSheepShaverというMacOS8.5から9.0までを
エミュレートするソフトもあり、これはデバイスが殆ど使えるそうな
ので、試してみてまた報告できればと思っています。
PearPC.jpg



posted by ジャパニスト at 06:11| コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。