2015年07月10日

別府名物 とり天&だんご汁

出張で別府に来ました。夕食は早速名物の「とり天」丼に「だんご汁」。

とり天は、要は鳥のから揚げなんでしょうけど、から揚げよりもてんぷら
部分が厚くて、外側はカリッとしていて香ばしいのに、食べ始めると
てんぷら部分からジュワッとダシが口の中に広がります。鶏肉も柔らか
くてコクがあると思います。

だんご汁は、正月の雑煮みたいなものでしょうか。トン汁みたなものに
細長い弾力のあるお餅(素材は多分お米)が入っています。様々な具の
味とどちらかと言えば淡白で食感だけのお餅が妙にマッチしておいしいです。

これを定食で頼んだのですが、欲張りすぎでした。それぞれは単品で
別々に食べたほうがより楽しめたし、何よりボリュームが多いので、
もったいないながら、少し残ってしまいました。連れは、生ビールに
とり天の単品を頼んでましたが、至福の表情でした。次はこれで行こう。
とり天&だんご汁.jpg
posted by ジャパニスト at 05:55| B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。