2015年06月23日

テホトン 撃墜! か?

北の王国が1日遅れで、「人工衛星」の打ち上げに成功した、と
発表しました。政府の発表では、1段目ブースターは秋田県沖へ
2段目ブースターは、日本から1千キロ離れた太平洋に着水した
模様です。発射は成功したものの、「人工衛星」としては成功
しなかったと、アメリカ政府。

結局、MDは発動されなかったようです。日本上空を飛び越えた
時点で、高度1000キロ。いくらMDでも打ち落とせたのでしょうか。

もし、政府にやる気があって、技術的にも可能であったとしたら。
撃墜してしまって、黙ってる、というのが戦略上最も効果的だったと
思います。何故なら、

�北の王国のノトン、テホトンを事実上無力化できることが実証された。
�でも、北の王国は面子があるので自分からは暴露できない。
 また、同様に報復することもできない。
�中国、ロシアも表立っては日本を非難できないが、撃墜の事実は
 衝撃を与えるだろう。日本に対しては無力でも、中国のほうに
 向かって発射したら、MDがないので撃墜は不可能だから。
�日本がもし撃墜に失敗していても、アメリカ以外には知られない
 ので、恥をかかずに済む。

正にいいこと尽くめなのですが、日本国政府にこんな芸当はでき
ないでしょうねえ。でも、もしかしたら、という期待もないではない
のですが。


ラベル:テポドン
posted by ジャパニスト at 21:55| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。