2015年06月23日

韓国 ロケットの打ち上げ

そのニュースを新聞で目にした時、えっと思いました。韓国が人工衛星を搭載した
ロケットを今月の11月に打ち上げると。人工衛星?ロケット?今までTV、新聞、
書籍で目にしたこともありませんでしたから。

ロケットに関する詳細な説明はありませんでしたが、写真で見る限り高さ30m、
1段ロケット、先端の切り離し部分には確かに人工衛星が搭載できるスペースが
ありそうです。推進部の横には、ハングルで『大韓民国 ナロ』とペイントされて
います。
それにしても不思議です。なぜ今まで知られなかったのでしょうか。
日本では、40年も前から糸川博士らのペンシルロケットに始まり、
営々と打ち上げ実験を繰り返し、失敗を積み重ねて今日のH2B
のような巨大な推進力を持つロケットの実現に至っています。
この成果を受けて今後、国際宇宙ステーションへの無人補給機
(HTV)を開発、2020年には有人宇宙船を打ち上げる計画が
あるそうです。昨今の経済不況でどうなるか判りませんが。

この間、全て自前です。韓国の場合は、最初アメリカに開発協力を
仰いだのですが、ICBMの転用につながるとして拒否され、ロシアの
協力でこのロケットがお目見えしたという経緯があるようです。
何の予備実験もなく、いくらロシアの支援があるとはいえ、いきなり
「玉や〜!」となるものなんでしょうか。

技術的にはどの程度のものか判りませんが、政治的には非常に
興味深いものです。
�アメリカは、精悍の構え。内心は反対の立場。
�ロシアは、開発協力の立場から無事打ちあがってほしい。
 外貨も稼げるでしょう。
�中国は、例によって発表するコメントを今頃、政治局の中で
 閑々諤々議論しているでしょう。
�北朝鮮は、このロケット成功でミサイルが国内に飛来する
 可能性が増すわけですから、神経質になっているでしょう。
 でもその他の国は、北朝鮮の核爆弾と韓国のミサイルが
 ドッキングする方が怖い?
�そして日本は、「研究開発のための宇宙利用なので問題ない」
 としているそうです。めでたい。

実はこのロケット、当初は7月30日に打ち上げる予定だったのが
8月11日に延期され、今日の新聞では再度延期され、期日は
未定になっています。そういった意味でも、興味津々です。


ラベル:韓国ロケット
posted by ジャパニスト at 21:48| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。