2010年10月20日

翻訳サイトと翻訳ソフトの比較

前回、翻訳サイトの中では最もこなれた日本語に翻訳した【エキサイト
翻訳】と、有料の「ソースネクスト」の最新翻訳ソフト【本格翻訳7】を
比較しました。原文は、前回と同じく、『TIME Asia』サイトからです。

【原文】
『China's Eyes on The Prize』


Soon after imprisoned Chinese scholar Liu Xiaobo won
the Nobel Peace Prize on Oct. 8, a joke made the rounds
among Chinese Twitter users able to surmount the Great
Firewall that normally blocks the site:

"I don't know who this Mr. Liu is," went the gag, "but as a
Chinese, I'm very happy for a fellow citizen to win the Nobel
Prize. He must be one of our great party members, a great
official ... and a great leader who does great deeds for his
people."


Liu Xiaobo is, of course, neither a Chinese official nor a
Communist Party member. He...


 


【エキサイト翻訳】
『賞の中国の目』


すぐ後に投獄された中国人の学者リュウXiaoboは10月8日にノーベル平和賞
を勝ち取って、冗談は通常、サイトを妨げるすばらしいFirewallを乗り越えるのに
おいて有能な中国人のTwitterユーザの中を巡回しました:

「私は、このリュウさんがだれであるかを知らないこと」は行きました。ギャグ、
「しかし、中国人として、同市民はノーベル賞を勝ち取ります」。 「彼は、彼の
親族のためにかなりの行為をする私たちの偉大な党員、偉大な職員…、および
最高実力者のひとりであるに違いありません。」


リュウXiaoboはもちろん中国人の職員でなくてまた共産党のメンバーでは
ありません。 彼…


【本格翻訳7】
『賞の上の中国の目』

投獄された中国の学者リューXiaoboが10月8日にノーベル平和賞を
勝ち取ったすぐ後に、冗談は中国のTwitterユーザーの間のラウンドを、
普通、サイトをブロックする大きなファイヤーウォールに打ち勝つことが
できるようにしました:

「私は、このリューさんが誰であるかを知らないけれども、中国人として、
私は、仲間の市民がノーベル賞を受賞することができて非常にうれしい」は
さるぐつわに行きました。「彼は、彼の人々のために偉大な行為をする私達の
偉大な党員、偉大な役員…、および偉大な指導者のひとりであるにちがい
ありません」。

リューXiaoboはもちろん中国の役員でも共産党メンバーでもありません。
彼…

---------
この10月にノーベル平和賞を受賞した劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏についての
ジョークです。(多分)

何が面白いかと言えば、日本のTV番組に「愛は地球を救う」というのがありました
が、それの中国版で、「ジョークは悪名高き中国インターネット監視網をも越える」
ということでしょうか。何故って、現在[劉暁波+ノーベル賞]というキーワードでは、
中国国内では当局によってブロックされてしまうでしょうから、よくすり抜けたと
感心してしまいます。ジョークは強し。

ただ、中国の方々は冗談ではなくて、本当に劉暁波氏が共産党の党員だと
思ってるのかも知れませんが...そう思わせるところがまた、中国的に二重の
冗談になってたりして。すごい。

ともあれ、【エキサイト翻訳】も【本格翻訳7】も、大意はどちらも判ります。
が、特に会話部分は【本格翻訳7】の方が明らかに日本語としてこなれています。
結果、ユーモラスな雰囲気が自然に伝わってきて思わずニヤリ、とできます。




posted by ジャパニスト at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。