2010年09月21日

GANTZが実写映画化



GANTZが実写映画化される!


GANTZはヤングジャンプに2000年から連載されているそう
ですが、今日インターネットカフェで初めて最初から見ました。
見始めると止まらなくなり、一気に10巻まで見たところで終電に
なり、泣く泣く止めました。GANTZは面白い!兎も角、面白い
の一言です。

今までもGANTZを連載雑誌で目にする機会はありましたが、
正直途中から見てもストーリーがよく判りませんでした。
でも、人が体の輪切りを見せながら消えていく場面が、
何度も出てくるのがとてもリアルで印象的でした。

正体も目的もわからない黒い球体に死後あるいは死ぬ直前に
召集され、ラジオ体操の歌(!)と共にネギ星人(!)を暗殺する
というふざけた設定ですが、リアルで精緻な描写により次第に
自分自身もこの不条理な世界に囚われ始めます。何人もの
仲間を失いながらやっと異星生物(?)を抹殺したと思って
安堵したら、まだ殺気が消えていない。更に増えている、という
悪夢的なシーケンスの描き方が絶妙です。細かいことを言えば
おかしな設定は色々ありますが、悪夢の中の自分のがそうで
あるように、不合理な点や辻褄が合わないことも、夢魔に追い
掛けられている切羽詰った状況では、そのウエイトは極端に
低くなります。そんな悪夢をコミックの中で描ききれる作者の
力量は凄いものがあります。

このGANTZが実写映画化され、来年1月に公開されるそうです。
配役は松山ケンイチと二宮和也クンですが、ただ、この二人の
個性だけに頼らずに、この悪夢を見てるような感覚がスクリーン
の上にちゃんと再現できるのか、興味あるところです。

全国どこでも送料一律350円!さらに1500円以上のお買い上げで送料無料!! 日本最大級の品揃え!☆BOOK OFF Online☆

2010-09-16?2014-08-06

by ブックオフオンライン【PC・携帯共通】



posted by ジャパニスト at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。